Toggle

日々の出来事

発達支援も頑張っています!

こんにちは!今日は午前に開いている発達支援の教室にお邪魔してきました!

発達支援の教室は忍町のみ、月曜日〜土曜日の午前中開いています!現在は脳性麻痺による肢体不自由、発達障害、自閉症と診断された子が来てくれています。最初は緊張している様子の子が多かったですが、今ではすっかり慣れて楽しそうな表情を見せてくれています。

先生の真似してね!

上手に出来てるよ!

上手に出来ると楽しいな!

活性温熱療法フィンガースポーツ・フラハンド有酸素運動だけでなく、日常の挨拶や最低限のマナー等の約束事もきちんと指導して、小学校などの集団生活に備えています。対応が早ければ早いほど子どもたちへの影響は大きくなっていきます、少しでも気になる事があれば一人で悩まずに専門の機関や先生などに相談してみて下さいね。

脳性麻痺による肢体不自由の子どもたちには、活性温熱療法に特に力を入れ、一時間から二時間ほどの時間をかけてじっくり優しく温めていきます。どうしても硬くなってしまう手のひらや関節部に優しく刺激を与え少しずつ熱を送ってあげると徐々に柔らかくなっていくのです。朝来てお昼に帰るまでの短時間でもその効果は現れています。プログラムをずっと続けているある子は、来たばかりの頃は手のひらは硬く握られたまま、肘や膝も曲がった状態の事が多かったのですが、最近では朝来てくれた時から手は柔らかく、肘や膝もかなり伸びるようになって来ています。本人もよく笑顔を見せてくれるようになった気がします、楽しんでくれているのですね。

リボンの会には症状を少しずつ和らげ成長していっている子どもたちがたくさん来てくれています、このブログで少しでも多くその事を伝えていきたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いします。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top